映画・音楽ファンがリラックスして楽しめる心斎橋・南船場のバー
Almost Famous のブログ。

映画

傑作音楽映画『セッション』 監督:デイミアン・チャゼル

師弟の話だが、師弟愛の話ではない。 最後の演奏シーンが物語るように音楽が全て、つまり音楽愛の話。 音楽が大好きな人なら共感せずにはいられないと思う。 ”ラスト9分19秒ー 映画史が塗り替えられる” というキャッチコピー、こういうの嫌いだ。
映画

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ブラッド・ピット×ケイト・ブランシェット

主演ブラッド・ピット。 彼がデヴィッド・フィンチャー監督作に出演するのは、『セブン』『ファイトクラブ』に続いて3回目となる。 幅広い年代を、カッコよくそしてどこか悲し気に表現している。 ケイト・ブランシェットは美しく、そして儚げ。
映画

『JAWS/ジョーズ』スティーヴン・スピルバーグ

数ある彼の素晴らしい映画の中でも、個人的にトップ3に入るベストな作品のひとつ。 この作品の大ヒット以降数多く作られたサメ映画であるが、今でも『ジョーズ』が最高峰だと思う。
映画

『リコリス・ピザ』 走るシーンが素敵なポール・トーマス・アンダーソン監督の青春映画

ある意味イタイけど青春なんてそんなもの、と描いて見せる素敵な青春映画『リコリス・ピザ』。 映画の中で出てくるアラナの家族は本当のハイム一家。 そしてアラナの母は、ポール・トーマス・アンダーソンが子どもの時に彼の美術の先生だったという。
映画

『コーダ あいのうた』 語ってくれる方お待ちしております

『コーダ あいのうた』を語れるバー。 大好きな映画なんだが、何故だか意外にも観た人・語れる人が周りにいない。 観た人と話したい。未見の方は是非とも! エミリア・ジョーンズが歌うジョニ・ミッチェルの「Both Sides Now」がたまらん。
映画

『アイデンティティー』 90分で観れる傑作サスペンス映画

サスペンス映画で何かオススメない? と聞かれたら、いつも挙げる作品が『アイデンティティー』。 サイコ・ホラー系のサスペンスなのだが、僕がこれがたまらなく好きで、オススメして観てくれた人は概ね楽しんでくれたみたいである。
映画

『ジョジョ・ラビット』 監督:タイカ・ワイティティ

大好きな映画。 大変素晴らしく、僕は思わず涙してしまった。 ナチス時代のドイツが舞台だが、明るくポップな作品。 特に前半はコメディ要素が強い。 しかし後半からは、シリアスな空気が漂いだす。
映画

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』 ダニエル・クレイグ

Netflixにて配信が開始される映画『ナイブズ・アウト:グラスオニオン』の前作『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。 ダニエル・クレイグが主人公の探偵役を演じる、とても面白いミステリー作品。 色々深読みしたくなる点があるのも良い。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました